読み方・2


やっぱり読んでみる。

平音であるheiは、大人しい。

だから、母音に挟まれたり、kyoの後に続くと、濁音になる。

例を挙げてみよう。

hei

意味は、家具、海、蝶、記者。

カグ、パダ、ナビ、キジャと読む。

hei

意味は、ハングル、ジャガイモ、カルビ、手袋、翼。

ハングル、カムジャ、カルビ、チャンガプ、ナルゲと読む。

つまり、何かといえば濁ってしまう。平音は、ちょっと気が弱い音なのだ。

日本語でも同じ事が。

これは、実は日本語でもよく起こっていることだ。

高田さん。

普通は、たかださん。

でも、たかたさん、と読まなければならないとき。二番目の「た」の前で、ちょっと緊張する。

読んでみよう。たかださん。たかたさん。

たかださんの方が楽だ。

これは、たかださんの「だ」と、たかたさんの二番目の「た」の発音をするために、真ん中の「か」の時に、前もって舌の準備をするから。発音し慣れている「だ」ではなく、「た」の時に緊張するのは、連続して口の中を緊張させなければならないからだ。

だからこれをハングルで書くと、「たかだ」はtakadaになる。

「たかた」はtakataとなる。

日本語の「た」は「だ」にすれば、濁音として読む。日本語は語頭でも濁音になるからだ。だから、「高田」という漢字だけでは、「田」を「た」と読むのか「だ」と読むのかは分からない。

けれど、中国語もそうだが、韓国語も、語頭は濁らない。だから、平音は平音として表記し、母音に挟まれたり、kyoが前に来たら濁って読む、ということになっている。

・・どっちが、難しいかな。

日本語と比べてもあまり意味はないけれど、平音の濁音化については、韓国語の方が分かり易いと思う。

語中にあれば、大抵は母音に挟まれるかkyoの後に来るかする。だから語頭にある以外はほとんど濁音になるのだ。

そして、kyoが前に来なくても、またもう一つの音変化が待っている。

濃くなる。

平音hei、それとssは、濃音化もする。

濃音というのは、ssとかttとかppの発音のこと。子音が二つ重なっているもののこと。

有名なところではdda(暖かい)、タットゥッタダ、kkoc(花)、コッ。カタカナで表すのは無理。前に小さい「つ」を付けて読みなさい、と言われたりする。

平音が、この濃音になることがある。前にk、p、tのパッチムが来た場合。

hak(学校)、ハッキョ。

kko(まっすぐ)、コッチャン。

job(皿)、チョプッシ。

濃くなる。

だから、平音を平音としてそのまま読むのは、母音に挟まれていなくて、前にkyoとk、p、tのパッチムがない場合、なんである。

語頭に来るとき以外は、大抵平音は音変化する。と、思ってしまった方が、早いかも知れない。

ああ、いろいろある。

けれど、ちょっと単語の量が増えてきたら、平音がどんな音になるか、きちんと確認しながら分類していくのも、なかなかに面白いのだ。

次へ

menu

Copyright (C) 2002 shishow