真実は


12

チグムカジ・・モルラッタヌン ゴ イサンハグナ・・

今まで・・分からなかったのがおかしいんだ・・

13

イロッケ・・ニ ハラボジルル タルマンヌンデ・・ネガ チグムカジ モルラッタヌン ゲ イサンヘ。クレソ ニガ クロッケ ネ マウメ ナマットン ゴグナ。

こんなに・・君のおじいさんに似ているのに・・私が今まで気づかなったのがおかしいんだ。だから君のことがあんなに気がかりだったんだ。

直訳。こんなに 君の お父さんに 似ていたというのに 私が 今まで 気づかなかった ことが おかしいんだ。だから 君が あんなに 私の 心に 残った のだな。

お父さんは真実の人なので、事のあらましをすべてチュンサンに伝えます。

そしてミヒ。

14

ノル・・ヒョンス アドゥリラゴ・・ミッコ シポッソ・・

おまえを・・ヒョンスの息子だと思いたかった・・

でもな。

これは矛盾だな。

じゃあ、チュンサンを記憶と一緒に消してしまおうとしたときは、どういうつもりだったのか。

でもな。

私はドラマはほとんど見ずに、台本だけ読んできたのですが。

ほんとに、このお母さんは、ミヒは、孤独だったんだと思う。本当に好きだった人には捨てられて、違う人の子供を身ごもってしまって、子供は「父親は誰だ」って迫ってくるし、だからって誰にも相談できないし。

そうやって考えてて、私は、泣いてしまいました。

だって、こういうことは現実にあり得るもの。

うまいこと記憶をすり替えるなんてことはないだろうし、二人の出会いもあるかもしれないけど、ここまで話がややこしくなることは、現実にはないと思う。

でも、ミヒみたいに、一人でお腹の中に秘密を抱えて生きていく女の人って、いっぱいいると思うもの。

でも、だからこそ、真実に生きなければならないわけで。過去に囚われて、心の中の家に引きこもったりしていては、いけないわけで。

救われるべきは、ミヒだと思います。挙げるべきは、婚約式でも結婚式でもない。

昔のミヒの、お葬式。

でも、誰も挙げないというのなら、私が挙げておきます。

次へ

menu

Copyright (C) 2004 shishow