責任


このセリフ、怖いです。

03d

オットカルカ? オットケヤ ハジ? ノマン ヌンカマジュミョン・・アムド オンヌン ゴスロ ユジニ テリゴ トマンガボリゴ シプタミョン・・ノ、オットカルレ? ウリ、ポレジュルレ?

どうしよう? どうするべきだろう? 君さえ目をつぶってくれれば・・誰もいないところへユジンを連れて逃げてしまおうと思って・・君、どうにかしてくれるか? 僕たちを見逃してくれるか?

そんなこと、いつか分かってしまうことなのに。

一緒になってしまってからじゃ、取り返しがつかないのに。

そうなったら、どれだけユジンが傷つくと思う?

そうやって本当のことを話さないでいたから、ユジンやミヒやサンヒョクやチェリンが嘘をつき続けたから、隠し事ばっかりしてきたから、辛い思いをしたのに。

僕だけは嘘をつかない。ユジンのために、ちゃんと本当のことを確かめて、きちんと話そう。

それが、自分が誰であるかをはっきりさせることにもなる。

って、どうして思わないのかな。

ユジンが思い出の中に生きていたのを、ぐっと力強く引っ張り出したのは、ミンヒョンだったのに。現実の世界を見ろって言ったのに。格好良かったのに。

それなのに、あんたまで同じことするの。それじゃ、サンヒョクと同じじゃないか。

あんたまで、そうやって偽りの中に逃げ込んでしまうのか。

がっかりです。

次へ

menu

Copyright (C) 2004 shishow