第二ラウンド


サンヒョクが攻める。

02

オットッケ クロッケ カンチュンサンインゴル カマッケ イッコ サンゴニ? クッテ サゴロ キオグル イロットン ゴニ?

どうやったらそんな風にカンチュンサンだったことをきれいに忘れて生きていけるんだ? あの時、事故で記憶をなくしたっていうことなのか?

真っ黒に忘れる、という表現。でも、いつ忘れたか覚えていたら忘れていないと思います。

03

イミンヒョンシガ チュンサンイラゴ ヘド タルラジヌンゴン オプスムニダ。

イミンヒョンさんがチュンサンであったとしても、何も変わりません。

ミンヒョン逆襲。

05

ユジンシガ クロッケ ウォンハドン サラム イ カンチュンサン アニドンガヨ?

ユジンがあんなに望んでいる人は、このカンチュンサンではないのですか?

06

ノン クロル チャギョク オプソ!

おまえにそんな資格はない!

うーん。その言葉、自分に返ってきてますよ。

次へ

menu

Copyright (C) 2004 shishow