遺伝


サンヒョクが倒れる。

21

ネガ チャルモッテッタ、チェバル・・ウリ サンヒョギ、サンヒョギ チョム サルリョジュラ アヌルカ?

私が間違っていた、どうか・・うちのサンヒョク、サンヒョクを救ってやってはくれないか。

息子を思う気持ちは分かる。でも、愛情がないって分かってるのに結婚したってしょうがないのにな。なんか、「結婚させてやる」みたいな感じがして、嫌なの。

22

ニガ イロッケ トッカン エンジュル イェジョネン ミチョ モルラッタ。

あんたがそんなに酷い子だとは、前にはついぞ思わなかった。

えー。

あんなに嫌ってたのに。

だって、嫌うの、分かるもの。お母さんの目から見たら、ユジンて、とんでもないもんね。

でも、まだユジンに頼るなんて。この執着は遺伝なのかしら。

そして、サンヒョクのところに行く前に、ユジンがミンヒョンに言う。

23

ホクシ モットォラオミョンソ?

もし、帰ってこられなかったら?

24

ナ サンヒョギ オルグル ポミョン・・ミンヒョンシハンテ モットォラオルチド モラヨ。クロム・・オットッケヨ?

私、サンヒョクの顔を見たら・・帰ってこられないかもしれない。そしたら・・どうする?

もう、さ。

肝心なことは何にも言わずにごまかして、隠して嘘ついて、なのに自分が決めるべき事は人に決めさせるの。

あんたの人生は保険人生か。80歳まで入れるのか。

ほんとに、高校時代と同じ人間とは思えないな。高校時代は、チュンサンにいろいろ言ってあげたりしてたし、ちゃんと感情を表に出してたのに。

ユジンこそ、顔は同じだけど違う人、なんじゃないの?

次へ

menu

Copyright (C) 2004 shishow