母親


やっとミンヒョンのお母さん登場。

01

ノ イルゴプサル テ、ヨギソ ムレ パジョガジゴ オルマナ コセンヘンヌンデ アジクト クロン ソリルル ハニ?

おまえが七歳の時、ここで水に落ちてどれだけ大変だったか、なのにそんなこと言ってるの?

これは、ついうっかり。

ミンヒョンはそれをアメリカでも出来事だと記憶しているので、何だか変だなあ、お母さん、やっぱり何か隠してるみたいだなあ、と思い始めます。

でも、この「うっかり」に、私は彼女の母親らしさを見ます。

子供が溺れて大変だったことを、けろっと忘れていられるような人じゃないんですね。

そして、ユジンも、ついにお母さんに本当の気持ちを言います。まずはおかあさん。

14

ニガ オットッケ サンヒョギハンテ イロル ス インニ?

おまえ、どうしてサンヒョクにあんな仕打ちができるの?

何度か言い淀んで、ユジン。

15

サンヒョギ・・サランハジ アナ。

サンヒョク・・愛してない。

遅い。

遅すぎる。

次へ

menu

Copyright (C) 2004 shishow