どうするのよ


ユジンは文句垂れである。

文句の多い人はたいていそうだが、文句をさんざん言って、自分だけすっきりした分反省がないので、同じ過ちを何度も繰り返す。無邪気と言えば聞こえは良いが、学習能力が低いのである。

まあ、人生は学習するためにあるわけではない。学校だって、毎日通えばいいというものでもない。たまには遅刻することもあるだろう。

そういえば、私もよく遅刻をした。ゴリラ先生みたいなの(体育教師)も、いた。遅刻すると会議室に放り込まれて、一時間目の授業を受けさせてもらえなかった。遅刻が六回溜まると一日欠席になった。私がその制度を利用して、一時間目に宿題をしていたということは、実はあまり知られていない。

さて。目覚めたユジンの第一声。

01

トデチェ アンッケウゴ ムォハン ゴエヨ?

直訳だと、いったい起こさずに何をしたというの?

doは、よく使われる言葉で、「いったい」「どういうわけで」という意味だ。後ろが否定文になると、「全く」「さっぱり」「まるで」になる。

漢字だと「都大體」。體は体の旧字。都が中国語っぽい。

トデチェ、と言っている人は、たいていの場合、何か理不尽なことに遭遇して困惑したり憤慨したりしている。

ここでユジンは、チュンサンに対して憤慨している。何で起こしてくれなかったのよ、という意味だ。

まるで、起こすのが義務だとでも言わんばかり。いや、言わんばかり、じゃない。はっきりそう言っているのだ。起こさなかった人が悪いのであって、ぐうぐう寝ていたのは悪くないのである。

mohanも、「なんてことなのよ」「どういうことなのよ」だから、ずいぶんな話。

haeは、 haeの連用形。haeは「何だ」という形容詞。

これだけだと、「何だかねえ、アレだねえ」の「何だ」なのだが、連用形になって?がつくと「なんなのよ?」になり、!がつくと、「なんなんだ!」になる。

これは、動詞と形容詞に共通で、連用形をそのまま使うと、パンマル、つまり「ため口」の終止形、命令形、疑問形として使えるのだ。

便利、なのだが、実際にはそうそうパンマルは使えない。

そういえば。「ため口」って、「ため口」以外の言い方、あるかな。

次へ

menu

Copyright (C) 2004 shishow