勢いで


すぐ居眠りするユジン。どうしてだろう。夜更かしでもするのかな。寝てしまうなら座らないで立っていればいいのにな。

でも、それだと物語が始まらない。

サンヒョクが自分を犠牲にしてまで「寝るなよ!」と言ってくれたのに、ユジンは寝る。

とにかく寝る。チュンサンの肩に凭れて、ぐうぐう寝ている。

ぐうぐう寝ている。kul

読み方は、クルクル チャゴイッタ。「クルクル」は「ぐうぐう」とよく似ている。

そして、もちろんそのまま寝かしておいてやる義理のないチュンサンは、さっとユジンの頭を押しのける。その勢いで、ユジンの頭はごつん、と、ガラス窓にぶつかるのである。

ごつんとぶつかるは、kux。クン プディッチンダ。自業自得。

そこの表現で面白いのが、min。ミンダゴ ミヌン ゲ。直訳すると「押して押したことで」という意味になる。

つまりは、押して、そしてその押したことが原因でもってぶつかったわけだ。すなわち、押した勢いが余って、ということになる。

と、私は納得したが、ユジンは納得できない。何でちゃんと起こさなかったのか、と文句を言うのであった。

だから、立っていけば良かったのに。あ、でも、ユジンのことだから、立っていても寝てしまうのかな。

このあたりのユジンは、よく寝るが、あんまり泣かないから読んでいても楽しい。

高校時代だけの続編、って、できないかしらん。チェリン主役とかで。誰か書いて。

次へ

menu

Copyright (C) 2004 shishow