モーレ・オーレ


1行め トマト、たまねぎ、ニンニクを刻む。

2行め 薬味を空煎りし、ボールかバットに入れる。野菜も炒めて加える。

3行め 鶏スープを注いで一晩おき、ミキサーにかける。中火にかけ、チョコレートを加えてとろみをつけ、塩で整える。

モーレはメキシコ料理のひとつ。メキシコ大使館(東京)のシェフによる、材料の正確な分量は以下の通り。読売新聞の記事参考。

野菜 トマト4個、ニンニク1個、タマネギ1個

薬味 ゴマ、干しぶどう、干しプラム、アーモンド、ピーナツ各50グラム、赤唐辛子(乾燥)、シナモンスティック、クミンシード各10グラム、クローブ8個、オールスパイス、粒コショウ各15グラム。ラード100グラムで炒める。

とろみ バゲット5センチ、トルティーヤ1枚(なければコーンチップ少々)、チョコレート100〜200グラム。

鶏スープは500cc。うわあ、単純に材料の重さを足しただけで2キロくらいあるな。

ニンニク1個、っていうのは厳しいなあ。ふたかけくらいでいいかもな。

大宮はニンニクは好きだけど、食べ過ぎるとお腹が痛くなるのだ。日本のニンニクは香りがとても強いから、無理して入れなくてもいい。後から様子を見ながら入れてもいい。実は、大宮は結局入れなかった。

薬味はなるべくだったら調味料のついてないのがいいけど、ミックスナッツの余ってるのとかがあったら、ザルで塩気を払ってから使うと、いろんなナッツの味が混ざってよいと思う。大宮は干しぶどうとピーナツが一緒になっているおつまみセットを貰ったので使ってみた。アーモンドは好きなので多めにした。大粒のアーモンドは荒く刻んだ。スライスのでもいいと思う。

シナモンスティック、クミンシード、クローブ、オールスパイス、粒コショウ。全部そろえるのは大変。なので、ガラムマサラにしてみた。シナモンとクローブは好きなので足した。ラードはなかったので、テフロン加工のフライパンで空煎り。空煎り中、いろんな香りがしてとっても楽しい。

バゲット、トルティーヤ。なかった。たぶんパン粉で代用できると思うけど、大宮は粉系でとろみがついてるのがあんまり好きではないので、入れなかった。

チョコレート。板チョコ一枚80グラム。これは入れなきゃね。

鶏スープ。化学調味料無添加のインスタントで。便利だねえ。

塩味控えめのピラフにかけて。うわああ、美味しい。かりかりに焼いた鶏肉に添えて。うわわわ美味しい。食べ過ぎちゃう。危険。二人で半分食べてしまった。

海外ドラマの中で、メキシコ出身の元シェフのお父さんが「モーレに糖蜜を入れてみたんだ。そしたら素晴らしく旨かった。人生なんてそんなもんだ」と言っていた。私は蜂蜜を入れた。

ワカモーレも有名。こちらはアボカド、トマト、唐辛子、タマネギ、コリアンダー、レモンで作る。正式な材料の分量は以下の通り。

アボカド3個、青唐辛子5本、トマト2個、タマネギ4分の1個、コリアンダー、レモン汁適量。

ペーストにするのが本式だけれど、大宮は角切りにしてサラダ風にする。コリアンダーが手に入らない、あるいは苦手なら入れなくてもいいし、セロリの葉っぱにしてもいい。例によって大宮は唐辛子を入れられない。だいたい、アボカド3個はちょっと多い。アボカド1個、トマト1個、タマネギ1個、くらい。生のタマネギで十分辛い。

さらに大宮はトマトは軽くレンジにかける。種も皮も取らない。ちょっと醤油を垂らすと美味しい。アボカドは醤油と相性がいいのだ。そして隠し味に蜂蜜。

古代マヤの人々はカカオを砕いて泡立てて飲んでいた。スペイン人がそれを持ち帰り、ヨーロッパでチョコレートになり、アフリカでも栽培されるようになった。

コーヒーやバナナと同じ、プランテーションに児童労働。現代の植民地支配。

世界で最も豊かな食生活をしている日本人も、食の植民地支配をしているのか。

いや。アフリカで森林伐採の現場で働く男性の嘆きを聞いたことがある。

その男性は、ついこの間まで日本人の会社で働いていたんだそうな。でも、その時は日本人がうっとおしかった。日本人はやたらと話しかけてくる。家族はいるのか、子供はいるのか、ちゃんと学校に通わせているのか、自分は日本に家族を置いてきているので寂しくてしょうがない、ほらこれが息子の写真、かわいいだろ。

遅刻や無断欠勤をすると、体の具合が悪かったのか、面倒をみてくれる家族はいないのか、結婚していないのか、そうか、両親は元気なのか、そうか、今度パーティを開くから遊びに来ないか。

うるさいなー、と思っていたら、ボスが中国人になった。遅刻したら、もう明日から来なくていい、これまでの給料も払わない、と言われた。その給料も、ものすごく安くなった。

日本人が戻ってきてくれたらいいのに。

ガムの元を生産する南アメリカの人々も、日本人は高く買ってくれるので、こっちも品質のいいものをって思うよ、と言っていた。

日本人のすべてがそうだとはいわない。日本人は植民地支配なんかしたことない、とも言わない。支配された人々の気持ちは、支配した側には決して分からない。

それに間接的であれ、日本人はチョコレートを大量に消費する、豊かな国の一つだ。責任がないわけではない。

けれど、アフリカの人々よ。

そんな日本人の事をいいなと思ったのなら、自分達でそういう会社を作ってみようと思わないか。使われているだけでなく、利用されているだけでなく、自分達の大地の恵みを自分達のために生かそうとは思わないか。

次へ

menu




Copyright (C) 2010 shishow